自然農法に関する書籍

D.モントゴメリー+A.ビクレー著

『はじめに____

農地と土壌と私たちのからだに棲む微生物への

無差別攻撃の正当性が疑われている』

第1章 庭から見えた、生命の車輪を回す小宇宙  

第2章 高層大気から胃の中まで___どこにでもいる微生物

第3章 生命の探求___生物のほとんどは微生物  (以下中略)

第9章 見えない敵___細菌、ウイルス、原生生物と伝染病   (以下中略)

第14章 土壌の健康と人間の健康 _____おわりにかえて

えっ?難しそうな本だわねぇ。遠慮しとくわ と言いたくなりますね

この本の帯には多くの外国人研究者の絶賛の声が載せられています。

一例 「体験談と厳密な科学を合体させ、地質学から園芸学、消化器病学にまでおよぶ本書は、

微生物の数知れぬ不思議を解き明かす。医学生時代、これを学べていたらと悔しくてならない。(ワシントン大学公衆衛生学部長)

無農薬野菜を作る前にコレ読まなきゃいけないの?と思わなくていいですよ。

マスターはこの本を知人に紹介されて読破しました。とてもとても驚かされながら読み、自然農につながる核ができたかもしれません。

 

アトピー性皮膚炎で悩んでいたり、新型コロナウィルスに恐怖をいだいてい生活している私たちの現在にも、無縁ではなさそうな内容なので、

興味を持たれる方がおられるかもしれないと思い紹介しておきますね。


以下は、現在とても多くの自然農法に関する書籍が出ているので、ほんの一部を紹介します。

既におうちで野菜を作っている方も、従来の化学肥料や農薬を使う育て方をしている方にも、

もちろん自然農法で作ってみたい方にも参考になりそうですよ。