· 

Ms’ファーム自然栽培研究会に会員が増えました

Ms’ファームに新しく入会された会員様をご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ご主人はこの夏の勉強会から参加されていますが、本日正式に入会され、ご夫婦で作業後、Ms'で一休み。 11/7

 

 

この日は、奥様とお嬢様が来られて、先ずは2区画のうち1区画に苗の植え付け。早速水やりです。  11/18


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスターがMs’ファームの植えものを簡単に紹介

ジョウロや水は自由に使っていただけます。

以前はお宅からかなり離れた畑地を借りておられ、遠くまで時間をかけて車で通われていたそうです。今はエムズ迄徒歩でも来れる距離ですから、ご家族で栽培が楽しめそうですね。

帰りに、ランタナの花をお土産に。

 

 



最初に入会されていた方はこちら


もう3年目。2021/4/21

毎日、水やりや植え付け、収穫に通って来られます。仕事前と終わってからの一日に2回、畑に来られることも多い熱心さです。

 収穫野菜を車に乗せて。11/17日

お嬢様のお家にも分けてあげに行くそうです。

 

翌日は玉葱の苗を植えます。11/18

黒マルチを敷いて、穴に一本一本植えこんでいく作業。簡単そうでも、ずっとしゃがんでいては腰が痛いですよね。

仕事に行く前、また帰りがけにも立ち寄って。日が暮れるのが早くなったこの頃は、終わるともう真っ暗です。



 地球温暖化が進むとどうなるのか?深刻な問題が浮上し、新聞でもテレビでも、専門家の警告や対策が紹介されることが多くなっていますね。2030年を目途にした色んな予想と対策が発表されています。

その中でも、農地に関する問題は食生活に直接関係するので、農業従事者でない皆さんも関心があることでしょう。

米国などの大規模農業の結果、表土が不毛になり雑草も生えずバクテリアや昆虫もいない広大な地面は、砂嵐が大気を汚染するし、この大地を肥沃な土地に戻すことは不可能とも言われ外国の話だろ?では済まず、日本の農業にも関係はあります。

楽しみで貸農園を借りておられる方も、従来の、化学肥料と農薬を使う方法では身体の健康にも悪影響があることは知られていますよね。

清音には「有機人参」の栽培を広大な農地でされている業者さんがおられます。Ms’ファームも同じく有機栽培なわけですが、

『からだに安心・安全な野菜』を作ることを前提に『Ms’ファーム自然栽培研究会』と名付けて始めました。

「そんなコムツカシイことを言うなら、メンドクサイ!」と敬遠せずに『自分と家族の健康に優しい農業を試してみようかな?」と思われる方をお待ちしています。見学も随時受け付けますので、ご来援くださいネ。

今回、新しい会員様の入会は私たちにとって嬉しい事です。